副業

「studio US」で覚えた動画編集スキルで稼げる副業とは?

スタジオアス ヘッダー画像2 (1)

「studio US」は「最短2か月で5万円の副収入!」というキャッチフレーズを掲げています。ようするにstudio USで身に付けた動画編集スキルを生かして副業をすれば、最短2か月で5万円の副輸入も不可能ではありませんよ!ということです。では実際にどんな動画編集スキルを活かした副業があるのかをご紹介します。

「studio US」の動画編集申し込みで副収入を得る方法とは?

動画編集の稼ぎ方

動画編集スキルを活かしたお金の稼ぎ方は2つの手法があります。
1,youtubeに自分で撮影、編集した動画を投稿して再生数を伸ばし収益を上げる
2,「クライアント」からの依頼を受けて動画編集者として報酬を得る
この二通りが動画編集スキルを活かした稼ぎ方です。一番目はいわゆる「youtuber」としての活躍です。トップユーチューバーになることができれば、莫大な報酬が発生しますが、近年ではyoutuberの世界も参入者が溢れており、ライバル同士の競争も熾烈を極めています。中には、ネタを探して撮影することで消耗してしまい、自分で動画編集まで手が回らないyoutuberも多くなっているのが現状です。そういったyoutuberたちが動画編集作業を外注に依頼し始めたことで仕事を得るのが、2番目の「クライアント」からの依頼を受けて動画編集者として報酬を得るという働き方です

動画編集の副業の種類

Adobe Premiere Proで稼げる副業とは

「studio US]では動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」の使い方を講義でならいます。この「Adobe Premiere Pro」をある程度は使いこなせるようになると、動画編集を外注に出しているyoutuberの依頼を受けられるようになります。では、youtuberから依頼を受けてする動画編集作業の内容とはどういったものなのでしょう。

動画編集の仕事の内容
・カット編集
・テロップ入れ
・BGM挿入

youtuberが依頼する動画編集作業の内容は上のような難易度が低めのモノが多いようです。このためyoutube編集代行は動画編集初心者にもおすすめの副業です。ただ動画編集としては難易度が低いため、1本あたりの編集作業料が3000~5000円ぐらいが多いようです。ただ、これも編集する動画の長さや手間のかけ方によっては、1本当たり1万円という案件も時に見受けられます。

「Adobe After Effects」で稼げる副業とは?

studio USの「動画編集コース」では「Adobe Premiere Pro」と共に「Adobe After Effects」の使い方も講義で習います。この「Adobe After Effects」はモーショングラフィクスをデザインするためのソフトです。モーショングラフィクスとはイラストやフォトなどの静止画に音や動きを加えて、動くグラフィクスのことで、この「Adobe After Effects」のモーショングラフィクスを、動画のオープニングやエンディングに入れることで、より一層インパクトのある動画に仕上がります。

モーショングラフィクスの作業内容

アイキャッチ作成
OP、ED作成
2Dアニメーションでのモーショングラフィック

「モーショングラフィクス」は大変高度で専門的なスキルを要求される作業です。動画編集初心者には難易度的には向かない案件とも言えます。本来、モーショングラフィクスはグラフィック制作や映像制作、Web制作会社などに就職して経験を積みながらセンスなどを磨いて身に付くものです。1件に対する作業量は動画編集作業に比べればかなり多くなります。しかし、その分報酬も高めで、15秒のモーショングラフィクス作成で数十万円という報酬が発生することも珍しくはありません。youtuberの動画編集代行にこのモーショングラフィクスを求められることは少ないかもしれませんが、動画中にモーショングラフィクスが欲しいという依頼を受けた場合、案件の単価は普通の動画編集よりも上がることは必須です。逆にモーショングラフィクスを入れても単価を上げないようなクライアントはコチラから見限るくらいの態度を見せましょう。そういったクライアントと長く付き合うのは考え物だからです。

ウェディングムービー制作

動画編集の中には、副業として「ウェディングムービー」制作を手掛ける人も増えています。ウェディングムービーも基本的には静止画や写真をベースにしたモーショングラフィクスが主体なのですが、オープニングやエンディング、プロフィールムービーなどは効率がいい動画編集の仕事と言えます。studio USの講義で自分の身に付いた「Adobe Premiere Pro」「Adobe After Effects」のスキルを活かして、ウェディングムービー制作を副業にするのも高率良く稼ぐ手段の一つでしょう。

動画編集の副業の探し方

studio USで習った動画編集スキルを活かした副業を見つけるのに最も手っ取り早いのは「クラウドソーシングの動画編集」案件を探すことです。クラウドソーシングの動画編集案件には「youtubeの動画制作」「動画編集の講師」「動画のテロップ入れ」といった案件が履いて捨てるほど表記されています。「youtubeの動画編集」案件の報酬は1件当たり5,000円~が相場のようです。1本当たりの動画の長さやどれくらいの納期なのか?などをクライアントと打ち合わせして、納得できるようなら副業として受注しても良いでしょう。こういったクラウドソーシングの動画編集案件で一番注意しなければならないのは、「納期を守る」ことです。「納期が守れる」かどうかが怪しい案件なら初めから受注しない方が賢明です。また、クラウドソーシングの場合では、支払われた報酬から20%が手数料として天引きされます。これはクライアントとワーカーの間で金銭トラブルが発生しないために組まれたシステム料だと思ってください。

ウェディングムービー制作

ウェディングムービー制作の場合、見ず知らずの人から依頼が来ることはまずありません。ウェディングムービー制作を副業に考えるのなら、制作会社でアルバイトをするか、知り合いのウェディングムービーを制作して知人にウェディングムービーのスキルがあることを認知してもらうことが手始めになるでしょう。友人のウェディングムービーのクオリティーが高いと評判が上がれば、見知らぬ業者に頼むよりも、アナタにプロフィールムービーを作って欲しい!という依頼が舞い込むかもしれません。そういった評価を得られるように。studio USで学んだ動画編集スキルに磨きをかけて、チャンスを生かすようにしましょう。